ここから本文です

ACミランが再建策第1弾!エース・バッカを放出

東スポWeb 7月11日(月)11時33分配信

 イタリア1部リーグの名門で日本代表FW本田圭佑(30)の所属するACミランがチーム再建に向けて動きだした。

 地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」などによると、昨季18ゴールを挙げたチーム得点王のFWカルロス・バッカ(29)がウェストハム(イングランド)に移籍することでチーム間合意に達した。移籍金は3000万ユーロ(約33億3000万円)が見込まれているが、まさかのエース放出もチーム改革の第1弾にすぎない。

 ミランは、中国の投資家グループに約800億円でチームを売却する方針を固めており、新体制では今後2年間で4億ユーロ(約444億4000万円)の資金をつぎ込み新戦力を獲得する予定。10番を背負う本田は残留が濃厚と言われるが、世界的ビッグネームが加入すれば、エースナンバーとポジションを失いかねない。

 もちろん、開幕に向けてチームの構築を急ぐビンチェンツォ・モンテラ新監督(42)の構想から外れる可能性もある。本田も自身の去就について「わからない」と話している。8日に始動したばかり。今後の合宿やチームの編成次第では放出候補に浮上するが…。

最終更新:7月11日(月)11時42分

東スポWeb