ここから本文です

LAに現れた友近&直美をハリウッド女優が絶賛「とてもきれいよ!」

お笑いナタリー 7月11日(月)12時11分配信

映画「ゴーストバスターズ」のワールドプレミアが現地時間7月9日にアメリカ・ロサンゼルスにて実施され、日本語吹替を務める友近と渡辺直美が参加した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

友近は和を意識した浴衣姿、直美は劇中のキャラクター・マシュマロマンをイメージした白いドレスで全長100メートルのカーペットに登場。その姿をキャストのクリステン・ウィグから「2人とも素晴らしいわ。とてもきれいよ!」と絶賛される。

また途中には監督のポール・フェイグや、オリジナル版主題歌でおなじみのレイ・パーカー・Jr.と共に友近らが「ゴーストバスターズ」のテーマ曲を合唱するひと幕も。これについて友近は「レイ・パーカー・Jr.が初めて買った洋楽のレコードなのでとても興奮しました!」と感激しきりの様子だった。

その後、友近と直美は作品の上映会にも出席。「4人のゴーストバスターズのそれぞれの個性も出ていましたし、真剣な中にしっかり笑いを入れてくるあたり、さすがだなと思いました。女性たちの友情も見どころで、泣きそうなポイントで上映中、2人で顔を見合わせてお互い思わずうなずいてしまいました」との感想コメントを連名で寄せた。

映画「ゴーストバスターズ」は来月8月11日(木・祝)から14日(日)まで先行公開ののち、19日(金)に全国公開される。

最終更新:7月11日(月)12時11分

お笑いナタリー