ここから本文です

マンU、ポグバ獲得目指し8選手放出か シュバインシュタイガーらの退団濃厚

ISM 7月11日(月)17時12分配信

 マンチェスターU(イングランド)が、ユヴェントス(イタリア)MFポール・ポグバ(23)の獲得を目指し、8選手の放出を検討しているようだ。英タブロイド『ザ・サン』(電子版)が現地時間10日に伝えている。

 かねてよりポグバの獲得を望んでいると噂されるマンU。同選手の移籍金は1億ポンド(約130億円)とも報じられており、これを支払うためには複数の選手を売却する必要がある。また、ジョゼ・モウリーニョ新監督は22名のコアメンバーを中心とした少数精鋭のチーム創りを望んでおり、この観点からも期限付き移籍を含めた選手の放出がありそうだ。

 情報筋は「ジョゼは22人のキープレイヤーとともに仕事をしたいと明かした。それはつまり、最大で8選手が退団することを意味している」と述べている。

 『ザ・サン』によれば、低調な昨シーズンを過ごしたDFマルコス・ロホ、MFモルガン・シュナイデルラン、MFバスティアン・シュバインシュタイガーは最も放出の可能性が高いとのこと。昨季ドルトムント(ドイツ)へ期限付き移籍していたFWアドナン・ヤヌザイやFWメンフィス・デパイ、DFデリー・ブリント、MFファン・マヌエル・マタの去就は不透明だという。

 なお、レアル・マドリー(スペイン)も関心を寄せていると報じられるポグバの代理人はミノ・ライオラ氏。マンUは今夏、ライオラ氏の顧客であるFWズラタン・イブラヒモヴィッチ、MFヘンリク・ムヒタリアンを獲得している。

最終更新:7月11日(月)17時13分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]