ここから本文です

アイアンマン・マーク42がフィギュア化、トニー・スタークの顔のぞくヘッド付き

映画ナタリー 7月11日(月)12時15分配信

「アイアンマン3」でロバート・ダウニーJr.扮する主人公トニー・スタークが着用したパワードスーツ、アイアンマン・マーク42の1/4スケールフィギュアが2017年3月に発売。現在、ホットトイズ東京フラッグシップストア「トイサピエンス」公式サイトで予約を受け付けている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このフィギュアは、ホットトイズ社が展開するクオーター・スケールの新作。全高は約49cmで40箇所以上が可動し、ボディには細かな汚れや傷などのウェザリング塗装が施されている。頭部はライトアップ機能付きのヘルメットと、スタークの顔がのぞくバトルダメージ仕様ヘルメットの2種類。そのほか劇中の充電シーンが演出可能な配線コード付きのバッテリー、ミサイルやロケットといった差し替えパーツなどが付属する。なおトイサピエンスで購入すると、ボーナスアクセサリーとして特別に造形されたフィギュアベースと機械アームが同梱される。

【クオーター・スケール】「アイアンマン3」1/4スケールフィギュア アイアンマン・マーク42
2017年3月発売予定発売・販売元:ホットトイズジャパン価格:7万5000円 / 予約価格:6万3800円

最終更新:7月11日(月)12時15分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。