ここから本文です

国交省、トラック運送事業での適正運賃・料金収受を検討へ

レスポンス 7月11日(月)10時0分配信

国土交通省は、トラック運送事業での適正運賃・料金収受に向けて本格的に検討すると発表した。

国交省では、2015年度から学識経験者、労働団体、経済団体、荷主企業、トラック運送事業者団体、トラック運送事業者、行政機関などで構成する「トラック輸送における取引環境・労働時間改善中央協議会」を厚生労働省と共同で設置し、トラック事業者の適正運賃・料金収受に向けて議論してきた。

今回、同協議会の議論に資することを目的に、有識者に参画してもらい、適正運賃・料金収受に向けた方策について具体的な検討を行う「トラック運送業の適正運賃・料金検討会」を設置する。

1回目の検討会を7月13日に開催する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:7月11日(月)10時0分

レスポンス

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。