ここから本文です

yahyel、1stアルバムに先駆け新曲「Once」の配信をスタート

CDジャーナル 7月11日(月)17時35分配信

 昨年リリースのEP『Y』や今年2月にリリースされた7inchヴァイナル『Fool / Midnight run』で注目を浴び、〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉“Rookie A Go G”への出演決定や、7月13日(水)に東京・恵比寿 LIQUIDROOMにて開催されるMETAFIVEワンマン・ライヴにおけるオープナーに抜擢されたことでも話題となっている2015年結成の気鋭バンド“yahyel”が、新曲「Once」の配信をiTunes およびApple Musicにて7月8日よりスタート。

 ポスト・ダブステップ / チルウェイヴ以降やオルタネイティヴR&Bなどを無国籍に昇華し、幽玄なサウンドスケープが印象的なスモーキー・ポップスを奏でるyahyel。今年1月にはユーロ・ツアーを敢行し、英老舗ショップ「ROUGH TRADE」でのパフォーマンスを含む5公演を行っています。

 近年Brian Eno『The Ship』をはじめAndy StottやOlga Bell(DIRTY PROJECTORS)、RAIME、Stephen O'Malley(SUNN O))))、SURGEONなどの作品を手がけているベテラン・エンジニア、Matt Colton(Alchemy Mastering)がマスタリングを努めた「Once」に続き、現在1stアルバムの制作も進行中。詳しくはオフィシャル・サイト(yahyel2015.com)にてご確認ください。

最終更新:7月11日(月)17時35分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。