ここから本文です

辺野古ゲート前市民、伊波氏当選に「希望持てる」

琉球新報 7月11日(月)11時41分配信

 参院選沖縄選挙区での伊波洋一氏の当選を受け、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する市民ら約40人は11日午前も、米軍キャンプ・シュワブのゲート前に集まり「良かった」「希望が持てる」など喜びの声を上げた。
 一方、米軍北部訓練場の一部返還に伴うヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設問題で、米軍北部訓練場に11日午前、作業車などが入ったことに触れた市民は「高江と辺野古が連帯して工事の再開を止めよう」などと訴えた。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:7月11日(月)12時24分

琉球新報