ここから本文です

アンソニー&ジョー・ルッソ兄弟「ウォリアーズ」をテレビドラマ化

映画.com 7月11日(月)21時30分配信

 [映画.com ニュース]マーベル映画「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」の監督を務めたアンソニー・ルッソとジョー・ルッソの兄弟が、1970年代のカルト映画「ウォリアーズ」をテレビドラマ化することになったとDeadlineが報じた。

 「ウォリアーズ」は、ソル・ユーリックの原作をウォルター・ヒル監督が映画化した1979年の作品で、ギャング間の抗争が激化するニューヨークを舞台に、濡れ衣を着せられたウォリアーズというギャングの逃走を描いたアクションスリラー。ルッソ兄弟の制作会社ゲイトウェイ・プロダクションとパラマウント・テレビジョンが手がけ、米Huluで配信予定。ルッソ兄弟は、パイロット版の演出も手掛けるという。

 ちなみにルッソ兄弟は、スティーブン・ソダーバーグ監督とジョージ・クルーニーがプロデューサーを手掛けたインディペンデント映画「ウェルカム・トゥ・コリンウッド」でデビュー。シリーズ第2弾となる「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」で初めてマーベル作品を手がけてきた。現在は、2部作として公開される「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」の準備を進めている。

最終更新:7月11日(月)21時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。