ここから本文です

赤い水風船を“トマトに見立てて”投げ合うスポーツが埼玉で誕生 なお、トマトは一切投げないもよう……!

ねとらぼ 7月11日(月)7時25分配信

 埼玉県の北本市で、新しいスポーツイベント「北本トマト水風戦大会」が開催されます。北本市が古くから生産しているトマトのPRと、スポーツによるまちづくり運動を兼ねたイベントとして8月21日に行われる予定です。

【水風戦大会のルール】

 トマトを使ったイベントといえばスペインのトマトを投げ合う「トマト祭り」ですが、北本市ではなんと一切トマトを使わず、赤い水風船を“トマトに見立てて”投げ合うというイベントを生み出しました。これ、ほとんどトマトが関係してないような……?

 なんでも「食べ物を無駄にしない」という点を考えた結果、トマトに見立てた水風船を投げることになったもよう。ちなみに、本物の北本トマトは賞品として登場するということです。

 ルールは福島県で生まれた「水風戦(みずふうせん)」を参考にしていて、5人1組でのチーム戦となります。2つに分かれたコート上で赤い水風船を投げ合い、相手に当てて全員退場させる、または相手のコートにあるテトラポッドをタッチすれば勝ちというもの。1ゲーム3分を3ゲームと短く、ルールも難しくないので誰でも参加ができるスポーツとなっています。あれ、なんだか楽しそう……!

 参加のための申込方法は、大会事務局へFAXするか、大会の申込先メールアドレスに連絡する必要があります。場所は北本市の「北本水辺プラザ公園」。参加費は1チーム2500円(傷害保険料等)を当日集金します。連絡先などは企画の鴻巣北本青年会議所の公式サイトにて確認できます。

最終更新:7月11日(月)7時25分

ねとらぼ