ここから本文です

瀧川ありさ、「七つの大罪」TVスペシャルで再び主題歌担当

映画.com 7月11日(月)23時30分配信

 [映画.com ニュース] シンガーソングライター・瀧川ありさの新曲「色褪せない瞳」が、アニメ「七つの大罪」のテレビスペシャル「七つの大罪 聖戦の予兆」のエンディング主題歌として起用されることが決定した。瀧川はデビューシングル「Season」に続き、「七つの大罪」の主題歌を担当する。

 テレビシリーズ「七つの大罪」エンディング曲に続くタイアップ決定に、瀧川は「メジャーデビューのきっかけとなった『七つの大罪』に再び携わらせていただけることになり、とても嬉しく光栄です。またみなさんと強い絆で結ばれる一曲になるよう、願いを込めて」と喜びを明かした。

 「色褪せない瞳」を収録したCDシングルは9月7日発売予定。DVD付きの初回生産限定盤は「七つの大罪」描き下ろしジャケットデジパック仕様になる。価格は、初回生産限定盤が1500円、通常盤が1300円(いずれも税込み)。

 また瀧川は、9月3日に川口総合文化センター・リリアで開催される「七つの大罪 聖戦の予兆」スペシャルイベントにも出演が決定している。

最終更新:7月11日(月)23時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。