ここから本文です

【F1 イギリスGP】ハミルトンが母国GPで3連覇…ロズベルグはペナルティ

レスポンス 7月11日(月)11時34分配信

2016年のF1第10戦イギリスGPの決勝が9日、シルバーストンで開催され、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季4勝目を挙げた。

[関連写真]

決勝レース前にいきなり大雨に見舞われ、セーフティカー先導でのスタートとなったイギリスGP。レースを通してウエットレースになるかと思われたが、早々に雨は止み太陽も顔を出し始める。6周目から本格的にスタートすると、ポールポジションスタートのハミルトンが一気に後続を引き離しにかかった。

一方2番手争いでは、ここ数戦で素晴らしい走りを見せているマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が健闘。ランキング首位のニコ・ロズベルグ(メルセデス)に対し果敢にアタックを仕掛け、16周目にオーバーテイク。今季圧倒的な強さを見せているメルセデス勢の牙城を崩した。

レース中盤には路面も乾き、各車がドライタイヤに交換。それでも、ところどころに存在する水たまりに足元をすくわれ、コースオフやスピンを喫するマシンが多く見られた。そんな中、ハミルトンは最後まで安定した走りを披露。2番手に8秒の差をつけフィニッシュ。今季4勝目、通算47勝目を獲得。そして母国イギリスGPでは3年連続で優勝を飾った。

注目の2番手争いはロズベルグが38周目にフェルスタッペンを抜き返すが、終盤にギアボックストラブルが発生。その際にチーム側が禁止されているドライビング方法の指示を無線で行ったとして10秒加算ペナルティを受けることに。結果、2位がフェルスタッペン、3位にロズベルグとなった。

これで両者のポイントランキングが急速に接近。ロズベルグが168ポイント、ハミルトンが167ポイントとなった。

マクラーレン・ホンダ勢はめまぐるしく変わる天候に苦戦。ジェンソン・バトンが12位、フェルナンド・アロンソは途中のスピンが響き13位に終わった。

2016F1イギリスGP決勝結果
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
3.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
4.ダニエル・リチャルド(レッドブル)
5.キミ・ライコネン(フェラーリ)
6.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
7.ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)
8.カルロス・サインツJr(トロ・ロッソ)
9.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
10.ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)


12.ジェンソン・バトン(マクラーレン)
13.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:7月11日(月)11時34分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。