ここから本文です

【チュートリアル福田結婚までの歩み】ルーキタエとの交際否定し本命彼女の存在認めていた

東スポWeb 7月11日(月)15時21分配信

 11日、マニア芸人「中川家」の礼二(44)から、家庭円満の秘訣のアドバイスを送られたチュートリアル福田充徳(40)は先月19日に同い年の女性と結婚。新婦は「5年前に知り合った女性」としか明かされていない。

 実は2013年6月、「さんまのスーパーからくりTV」(TBS系)で、お笑いコンビ「野性爆弾」が、福田と当時あやまんJAPANのルーキタエ(31)の2人が1年以上もデートを重ねていることを暴露。ルーは福田に「大好き」と迫ったが、福田は交際の事実を認めなかった。

 同年末のイベントで、徳井が「こいつはあやまんJAPANのルーキタエちゃんと付き合っている。ちょこちょこ、メシに行っているので、週刊誌の方は追いかけて」と発言。福田はまたも「そんなことあるか」と交際を否定した。

 14年1月には女性誌「女性セブン」が、渋谷での2人の腕組みデートを報道。同年11月、ルーは本紙に「フッくんをすごい好きだった。私、相当(好きと)言ったのに、なかなか返事がもらえなかった」と淡い恋心を告白している。

 翌15年3月、相方の徳井義実(41)が本紙に「福田君は正月にルーちゃんとは別の女性と金沢にすしを食いに行った。のどぐろをね」と、福田に“本命”がいることを示唆した。

 さらに同年7月、福田が本紙に「正月、金沢に女性とのどぐろを食べに行った。その後は、日光に旅行に行った。結婚はまだわからないが、仲良く楽しくさせてもらっている」と交際を認めた。

最終更新:7月11日(月)15時21分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。