ここから本文です

オンラインゲーム「Habitat」のソースコード公開 1986年にルーカスフィルムのゲーム会社が制作

ねとらぼ 7月11日(月)8時40分配信

 ルーカスフィルムのゲーム会社が1986年に開発したオンラインゲーム「Habitat」のソースコードが公開されています。オンライン上でアバターを使って交流するゲームの元祖と言われ、日本では「富士通Habitat」として1990年に正式サービスをスタート。1999年にはその流れをくんだ「J-チャット」がオープンするなどしています。

【「Habitat」ゲーム画面】

 「Habitat」復活のために動いたのは、アメリカのビデオゲームミュージアム「The Museum of Art and Digital Entertainment(The MADE)」の創設者の一人であるAlex Handy氏。ソースコードの公開についてもThe MADEの公式サイトで発表されました。

 企画は2013年冬に始動し、ゲームの開発者であるChip Morningstar氏とRandy Farmer氏も協力。ライセンスを持つ富士通との権利問題などをさまざまな協力者によってクリアし、現在の公開に至ったと説明しています。目標はLinux上で実行可能にすることと述べ、今後も残された問題に取り組むということです。

最終更新:7月11日(月)15時6分

ねとらぼ