ここから本文です

妻夫木聡、カップルの役作りで「綾野剛と一緒に住んでみた」と告白

Movie Walker 7/11(月) 14:42配信

吉田修一による原作を李相日監督が映画化した『怒り』(9月17日公開)の完成報告会見が7月11日にザ・リッツカールトン東京で開催され、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子、宮崎あおい、妻夫木聡、製作の川村元気、原作の吉田修一、李監督がズラリと登壇。妻夫木が、劇中で男性同士のカップル役を演じた綾野と「一緒に住んだ」と告白。綾野と同居して、役作りに挑んだことを明かした。

【写真を見る】宮崎あおい、広瀬すず、高畑充希も登壇!豪華キャストがそろった『怒り』完成報告会見の様子はこちら

本作は、社会に紛れ込んだ殺人犯らしき人物と出会った、千葉、東京、沖縄の人々の身に起きる出来事を豪華キャストで描き、人を“信じる”とは?という根源的な問いを投げかける重厚な人間ドラマ。妻夫木と綾野は、東京編でカップル役として初共演を果たした。

妻夫木は「こんなにも作品に向かう姿勢が、同じ目線、同じ気持ちでいられた人は初めて」と綾野の印象を吐露し、「この出会いには感謝しかない。剛がいたから、僕は(演じた)優馬になれた。たぶん、同じように剛も思ってくれていると思う」と並々ならぬ信頼度を語った。

妻夫木の言葉を聞いた綾野は「本当に、素直にうれしい。すべてが愛おしい時間でした。もちろん一筋縄ではいきませんでしたが、同じベクトルに向かって妻夫木さんといられたのは幸せでした」と撮影をしみじみと述懐。「親族みたい。今でも妻夫木さんがテレビやCMに出ていると『あ、出てるー!』と思う」と手を振る仕草を見せつつ、「すみません、イチャイチャするのやめます」と自重して会場の笑いを誘っていた。

2人の絆は固く、「印象的なシーン」を聞かれた場面でも妻夫木が「剛の顔です」と告白。「(新宿)二丁目に通ったり、ゲイの友達とパーティをしたりと色々なことをやった。こんなに役作りでお金を使ったことがない。剛とは一緒に住んでみたりもしたし、色々な思い出が残っている」と熱を注ぎ込んだ役作りを振り返り、「(演じた)優馬として生きて、剛と過ごした日々は真実のようなものになっている。剛の表情が脳裏に焼き付いている」と綾野と築き上げた日々に充実感たっぷり。こちらも「イチャイチャしてすみません」と謝罪して、会場を笑わせていた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:7/12(火) 12:50

Movie Walker