ここから本文です

丸ちゃん、リオ五輪絶望の門下生・渡辺に「かわいそう」

デイリースポーツ 7月11日(月)11時27分配信

 リオデジャネイロ五輪で112年ぶりに競技が復活するゴルフの日本代表監督を務める丸山茂樹が11日、全英オープン(14日開幕)のテレビ解説のため、東京・羽田空港から渡英。丸山は出発前の囲み会見で、女子の代表候補で自身が直接指導してきた渡辺彩香が、全米女子オープン最終日の最終18番パー5でダブルボギーをたたき38位に終わり、五輪出場が絶望的となったことに、「耐えてほしかった。かわいそう」などと同情した。

 丸山はまた、渡辺がホールアウト後に号泣したことを聞くと、「33位だったら出られたの?号泣?マジで!やだね、そういのはね」と本人の胸中を思いやった。

 丸山はこの日の出発に向け、渡辺の最終ホールの模様は直接見てはいなかったが、報道陣から第3打をショートして、グリーン手前の池に入れたシーンを聞かされると、「ダブルボギーは想定外だよね。僕だったら残り60ヤードなら、ピンまでしっかり届くように打つ」と解説し、「(渡辺は)意外と繊細なところがある。そういうところがまだまだなのかあ」と、指導者としての苦言も呈した。

 五輪出場者はこの日発表される男女の世界ランキングで決定されるが、予想されるランキング上では日本から、男子が池田勇太と片山晋呉、女子は野村敏京と大山志保が出場権を獲得することになる。

最終更新:7月11日(月)13時43分

デイリースポーツ