ここから本文です

“西東京のドクターK”聖徳学園・長谷川が6回0封11K!

デイリースポーツ 7月11日(月)12時55分配信

 「高校野球・西東京大会2回戦、聖徳学園8-1多摩工」(11日・町田市小野路)

 聖徳学園が七回コールド勝ち。プロ注目左腕・長谷川宙輝投手(3年)が6回1安打無失点、毎回の11三振を奪う快投を見せた。

 初回先頭から6者連続三振といきなりエンジン全開。140キロ台の直球と大きく曲がり落ちるスライダーを武器に、快調に三振の山を築き「三振を取りたいときに取れてよかった」と、はにかんだ笑みを浮かべた。

 チームは強豪ではなく、2桁奪三振を連発しながら昨秋、今春はブロック予選で敗退。ベールに包まれていた“西東京のドクターK”が視察に訪れたスカウト陣の前で、最後の夏に実力をアピールした。

最終更新:7月11日(月)13時0分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。