ここから本文です

渡辺謙、胃がん発覚時の様子語る 体調よりも「舞台をどうしよう…」

デイリースポーツ 7月11日(月)12時57分配信

 俳優の渡辺謙が11日、テレビ朝日系「徹子の部屋」に出演。今年2月に発覚した胃がんについて、初期だったこともあり、「(体調よりも)ニューヨークの舞台をどうしようということの方が心配だった」と振り返った。

 渡辺は、黒柳徹子から「胃がんになったときいてビックリした」と振られると「29歳で白血病という病気になり、命と向き合わざるを得なかった。今、またがんと言われ、またこういう年になったんだなと…」とコメント。胃がんを告知されたときも「医者からはまだ初期なので、どんな治療を選択してもリスクは低いと言われていたので、すぐに死ぬ…ということよりも、その後のニューヨークの舞台をどうしようということの方が心配だった」と、直前に迫った舞台「王様と私」をどうするかで頭がいっぱいになったという。

 手術の前日までジムでトレーニングを行うなど、体調に大きな変化はなかったといい、手術後も、10日間は安静にしていたが、その1週間後にはトレーニングを開始し「万全な状態でニューヨークへ向かえた」と振り返った。

 また、妻で女優の南果歩も同時期に乳がんが判明。この日は乳がん啓発を訴えるピンクリボンのバッジをつけて番組に登場していたが、「(医者から)早い段階なので、出来れば早く手術をしたいと言われたときには、彼女はすでに手術の日取りを決めていました。段取りが早いので」と、妻の行動の早さに驚きの表情を浮かべていた。

最終更新:7月11日(月)14時2分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。