ここから本文です

「FTISLAND」、イ・ホンギの自作曲で18日カムバック

WoW!Korea 7月13日(水)9時15分配信

韓国男性バンド「FTISLAND」が帰ってくる。



 FNCエンターテインメントは11日0時、「FTISLAND」公式サイトを通して、タイトルポスターを公開した。

FTISLANDのプロフィールと写真

 公開されたポスターは、強烈なレッドトーンでタイトル曲「Take Me Now」と書かれており、カムバックに対する期待感を高めている。

 来る18日公開の「FTISLAND」6thアルバム「Where’s the truth? 」のタイトル曲「Take Me Now」は、イ・ホンギの自作曲で、爆発的なバンドサウンドが強調されたハードロックだ。

 また、今回の新曲には当面の問題に対して自らも答えを探していこうという内容が込められており、「FTISLAND」だけの音楽的方向性とカラーを追求するというメンバーの確固たる意思が感じられる。

最終更新:7月13日(水)9時15分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。