ここから本文です

韓国・全北市民社会団体、THAADの韓国配備撤回を要求

WoW!Korea 7月11日(月)13時43分配信

韓国のTHAAD韓国配備反対全北対策委員会は11日、韓・米当局のTHAAD韓国配備決定を直ちに撤回することを要求した。

 THAAD韓国配備反対全北対策委員会(以下、対策委員会)はこの日午前、記者会見を開き「THAAD韓国配備は北東アジアと朝鮮半島を対決と紛争の渦に巻き込んで、朝鮮半島の平野と国家安保を脅かし、THAAD廃部地域の住民の生活を破壊するなど、とんでもなく悪い結果を招くだろう」とし「韓米当局の一方的な配備決定を直ちに撤回せよ」と述べた。

 また「THAAD配備候補地の1つに挙げられている群山にTHAADが配備された場合、韓国と中国の経済協力を通じてセマングム開発は破たんすることになるだけでなく、中国と姉妹提携を結んでいる群山のイメージも正面から逆行することになり、さらに群山倍軍基地5.5キロ半径内にセマングム国家産業団地、群山国家産業団地などがあり、産業活動に直接的に被害を与えることになり、地域経済に深刻な打撃を与えることになる」と主張した。

 対策委員会は「群山市などにTHAAD配備阻止のための民・官共同対策会を提案し、共同阻止活動計画を策定し、群山米軍基地雨で1人デモやキャンペーン、集会などを推進する」と明らかにした。

最終更新:7月11日(月)13時43分

WoW!Korea