ここから本文です

『デッド オア アライブ』のファン感謝祭をリポート! 『DOA5LR』&『DOAX3』のコンテストや大会が開催

ファミ通.com 7月11日(月)23時32分配信

文・取材・撮影:ライター 西川くん

●今年の祭典は『DOA5LR』&『DOAX3』のダブルフェスティバル!
 2016年7月9日(土)、コーエーテクモゲームスの対戦格闘ゲーム『デッド オア アライブ』(以下、『DOA』)シリーズのイベント、“DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016”が東京・大崎ブライトコアホールにて開催された。


 本イベントは『DOA』シリーズのファン感謝祭として昨年より開催されており、今年も多くのファンが集まった。イベントでは、対戦格闘ゲーム『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』(以下、『DOA5LR』)の強豪プレイヤーたちによる大会や、イラストやコスプレ、フォトコンテストなどさまざまなステージプログラムが満載。また、『DOA5LR』と、バカンスゲーム『デッド オア アライブ エクストリーム 3』(以下、『DOAX3』)の最新情報も公開されるなど、盛りだくさんの内容となっていた。本記事では会場の様子と、ステージイベントの模様をまとめてお伝えしていこう。

●会場ではグッズの展示や販売も!
 まずは開催会場の様子をリポート。会場は奥と手前の2フロアに分かれており、手前では『DOA』グッズの展示・販売や、後述リポートするコンテストへの投票が行われていたほか、用意されたメッセージボードに寄せ書きをしたり、ファンどうしで会話をしたりと、自由に交流を楽しめるスペースとなっていた。


 また、会場にはコスプレイヤーの方々が集結! 撮影に協力してくださったみなさん、ありがとうございました!

 奥はステージイベントの舞台となっているほか、『DOA5LR』の対戦台が設置されており、ステージプログラム開始前には“『デッド オア アライブ 5 ラストラウンド』Battle Royal 2016アジアラウンド”(詳細は後述)の予選が開始されており、早くも熱いバトルを展開。予選が終了すると対戦台では自由に対戦が楽しめるようになっており、会場全体でファンどうしの交流が盛んに行われていた。


●ステージプログラムには早矢仕プロデューサーや、マリー・ローズ役の相沢舞さんも登壇!
 ここからは、ステージイベントの模様をお伝えしていこう。大会予選が終了すると、まずは『DOA』シリーズプロデューサーの早矢仕洋介氏が登壇し、開会式がスタート。早矢仕プロデューサーは、「多くのファンに支えられ、20周年を迎えることができました」と、ファンたちに感謝の気持ちを述べていた。


 開会式のつぎは、フォトコンテストが開始される。こちらは『DOA5LR』と『DOAX3』のスクリーンショットを、キュート部門、クール部門、セクシー部門、ギャグ部門に分かれて審査。世界中から500点以上にも及ぶ応募作品の中から、事前にウェブ投票により選ばれた部門ごと4点を、会場とステージの審査結果で優勝を決定するというものだ。高レベルの写真たちに、開発陣である審査員たちも「どうやって撮影したのか、わからない!」と舌を巻くほど驚いていた。

 続いては、ファンアートを審査するイラストコンテストだ。今年から開始されたこのコンテストは、早矢仕プロデューサーが熱望し実現。60枚以上のイラストの応募の中から、ステージ上でベスト3が発表された。

 さらに続くコスプレコンテストは、事前に応募されたコスプレイヤーの中から厳選された8名がステージ上に登壇し、フォトコンテストと同じように審査して、優勝者を決定するというもの。審査員のひとり、マリー・ローズ役の相沢舞さんが登壇すると、会場からも大きな声援が! また、齊藤豊アートディレクターはクリスティの出勤前をイメージした“仮装”で、会場からも笑いが起きていた。


 さらに、毎年コスチュームのデザイン案を募集し、賞に輝いたコスチュームを実際にゲームに登場させる“デザイナーズチャレンジ”が今年も開催されており、その優秀賞3作品がこの場で発表された。


●ハイレベルな戦いがくり広げられた『DOA5LR』アジア大会!
 そしていよいよ、メインプログラムである“『デッド オア アライブ 5 ラストラウンド』Battle Royal 2016アジアラウンド”へ! この大会の優勝者には、今年12月に米国ペンシルベニア州で開催され『DOA5LR』の世界一のプレイヤーを決める公式トーナメント“Battle Royal 2016:The Grand Finals”出場権が贈られ、渡航サポートが受けられる。


 予選を勝ち抜き本戦に出場を獲得したのは、サトヤス選手、タリ選手、UGS BBOY Dragon選手、UGS XCalibur BladeZ選手、たにい選手、コブン選手、シオロジカ選手、GGP/神園選手、ばしにぃ選手、休日のフィオリーナ選手、soy選手、とんじち選手、Rabbit選手、輝Rock選手、しのび選手、零八選手の計16名。

 前回トーナメントでは海外選手の優勝となり、海外勢の強さを見せつけられた。今回の大会は、BBOY Dragon選手、XCalibur BladeZ選手、Soy選手が出場。また、『DOA5LR』歴1年で勝ち上がってきたプロゲーマーの神園選手にも注目したい。初戦からどの試合もレベルが高い試合がくり広げられ、スピーディーな3すくみの読み合いが続く試合の連続。本作の特徴的なさばき技である“ホールド”が決まり攻守が入れ替わると、「おおっ!」という声があがり、コンボが決まれば格ゲーならではのコールで、会場もよりヒートアップ!

 そして準決勝に勝ち進んだのは、レイファン使いの輝Rock選手、クリスティ使いのSoy選手、フェーズ4を使用し勝ち上がってきたXCalibur BladeZ選手と、近距離特化型のゲン・フー使いであるシオロジカ選手と、日本勢2名、海外勢2名が残る形に。

 準決勝1試合目は、輝Rock選手(レイファン)対Soy選手(クリスティ)。両者とも近距離での読み合いが深まっていく中、輝Rock選手の投げと壁コンボが鋭く決まっていき、輝Rock選手の勝利となった。


 続く準決勝2試合目は、XCalibur BladeZ選手(フェーズ4)対シオロジカ選手(ゲン・フー)は、高い火力のぶつかり合い。しかし、距離をうまく離されてしまうと、フェーズ4の時間に。バチバチの殴り合いを制し、XCalibur BladeZ選手が決勝進出!

 そしていよいよ決勝戦。決勝は3本先取で行われ、輝Rock選手はレイファン、XCalibur BladeZ選手は火力とスピードに優れたエリオットを選択する。前回大会の準優勝者・輝Rock選手だが、XCalibur BladeZ選手も前回大会ではベスト8に残っており、世界的にもトップレベルのプレイヤー。

 まずはXCalibur BladeZ選手が根強い下段攻めと、壁際への運びからのコンボで1試合目を制する。そのまま勢いに乗り、2試合目もラッシュを仕掛けるが、輝Rock選手もそれに対応し、ホールドを混ぜ込んだり攻撃を遅らせたりと、その流れを止めにかかる。しかし、惜しくも2試合目もXCalibur BladeZ選手が勝利。そして3試合目は2対2にまでもつれ込むが、やはり流れは止まらない! エリオットにキャラクターを変更したことも功を成し、XCalibur BladeZ選手が優勝を飾った。

 大会の最後には、アーケードタイトル『デッド オア アライブ 5 アルティメット アーケード』が、格闘ゲーム大会“闘神祭2016”の1Day Match Carnival種目に採用されたことも発表された。2016年10月15,16日のどちらで開催するかは未定とのことで、続報を待とう。


●最新情報公開では、あの“くのいち”参戦に会場全体が沸く!
 イベントの合間と最後には、『DOA5LR』&『DOAX3』の最新情報が公開された。まずは『DOAX3』は、テレビアニメ化も決まっている漫画『競女!!!!!!!!』とのコラボが決定! 『競女!!!!!!!!』のキャラクターたちの水着が配信されるとのことで、こちらの水着は“どんけつゲーム”で負けると水着が破れてしまうとか!? また、女の子の目線をこちらに向ける“どきどきアテンション”、女の子を心ゆくまで自由に撮影できる“フォトパラダイス”、そしてバニーガールとタオル姿風の新作水着も発表されていた。
[関連記事]『DOAX3』とアニメ『競女!!!!!!!!』のコラボ企画が進行中! バスタオル風水着など、今後のアップデート情報も

 続いて、『DOA5LR』に、『進撃の巨人』とのコラボステージ&コラボコスチュームが7月19日に配信されることが発表。こちらの衣装は、すべてコスチューム破壊に対応しているとのこと。

 また、『ザ・キング・オブ・ファイターズ』とのコラボ衣装も発表! こちらは、ユリ・サカザキ、四条雛子、藤堂香澄のコスチュームとなっており、格闘ゲームファンの多い会場内からも「おおっ!」という声が挙がっていた。

 そして、セクシー齋藤さんが思わず「なんじゃこりゃー!?」と驚いたのがアクアプラスとのコラボ。『うたわれるもの』、『To Heart』、『WHITE ALBUM』などの人気ヒロインたちのコスチュームが登場する。こちらのコラボは、「青春を捧げた」と語る、新堀ディレクターの完全なる趣味との発表も(笑)。

 また、ダウンロードコンテンツ“シーズンパス5”のラインナップも紹介された。“満開!フラワーコスチューム”は、花びらが破壊されるドキドキのコスチュームになっているとか!

 発表の終わりには早矢仕プロデューサーから「ちょっとだけ新要素を紹介します」と、PVが流れる。そしてなんと、コラボキャラクター・不知火舞の参戦が発表!! これには会場全体から大きな歓声が挙がり、拍手喝采となっていた。不知火舞の参戦は、2016年9月の予定となっているので、今後の情報を楽しみに待とう!
[関連記事]『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』に、『KOF』の不知火舞が参戦決定! 『進撃の巨人』とのコラボなども


 最後には早矢仕プロデューサーから「本当にみなさんのおかげで、20周年を迎えることができました。今後ともぜひよろしくお願いいたします。」と、感謝の気持ちを再度述べ、イベントは終了となった。まだまだ終わらない『DOA5LR』&『DOAX3』! 来年の開催も「がんばります!」とのことなので、今後もぜひシリーズを応援していこう。

最終更新:7月11日(月)23時32分

ファミ通.com