ここから本文です

石田純一 出馬を断念 テレビに生電話で表明「不徳の致すところ」

デイリースポーツ 7月11日(月)14時12分配信

 野党統一候補となればの条件つきで都知事選への出馬を表明していた俳優・石田純一(62)が11日、出馬を断念した。フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に電話で生出演し、表明した。

【写真】長女すみれ 義母・理子を気遣うも本音「パパの方が心配…もうやめた方が…」

 石田は今朝をタイムリミットと設定しており、「時間切れ」から出馬を断念したと明かした。出馬断念については「今回は準備不足」「不徳の致すところです」と語った。

 妻でプロゴルファーの東尾理子には「まだ話してないです」と話し、苦笑いした。

 石田は「これから(夕方に)会見をさせて頂くので、そこで語らせて頂こうと思っている」と、最初こそ明言を避けていたが、安藤優子キャスターから出馬はしないのかなどと突っ込まれ「その方向です」と、無念の気持ちを滲ませた。

 更には「時間切れ。我々にもスケジュールがあるので」「ある意味ギリギリのスタートだった」「限られた時間の中で難しい選択だった」と、出馬を決めてからの時間がなかったことを強調。準備不足であることも認めていた。

 またテレビのオンエアなど、芸能関係の仕事についても「多大なる御迷惑をかけているので、(きょうの)お昼ぐらいまでが(時間の)限界かなと」ともコメント。「各方面に大変な御迷惑をおかけした」と謝罪した。

 MCの俳優・高橋克実からは無所属での出馬を勧められたが「それも考えましたが…」と苦笑いしていた。

 石田は8日に会見を開き、野党統一候補ならば都知事選に出馬すると表明。「退路を断って」などと意欲を見せていた。石田は民進党幹部などと会ったことは認めたが、結果的に統一候補とするには時間が足りなかったようだ。会見では待機児童問題や、原発問題、平和問題などに取り組みたいなどと発言していたが、石田がやりたいことは都政ではなく国政では、などといった反発も。また、妻の東尾からも「できれば出馬してほしくない」など、猛反対を受けていた。

最終更新:7月11日(月)18時36分

デイリースポーツ