ここから本文です

中国初、コネクテッドビークルの大規模路上試験へ…NXPなどがサポート

レスポンス 7月11日(月)17時15分配信

NXPセミコンダクターズと同済大学は、上海で行われる中国初のインテリジェントコネクテッドビークルの大規模路上試験計画をサポートすると発表した。路上試験で得られたデータは、中国の交通システムとV2V通信の標準制定のための基礎として活用される。

上海インテリジェント・コネクテッド・ビークル・デモ・プログラムの一環として行われる今回の路上試験では、NXPと提携パートナーのCohda Wireless社が車載用と道路インフラ用にセキュアなV2VとV2X通信技術を提供。路上試験では、予防安全技術や交通管理、情報サービスなど各種試験シナリオの下でリアルタイムV2X通信データの収集が行われる。

今回の路上試験は、2015年10月にスタートした上海インテリジェント・コネクテッド・ビークル・デモ・プログラムにとって重要なマイルストーン。同プログラムの第1期計画では、上海汽車とその他のプログラム参加自動車メーカーが提供する約200台の自動車が試験の対象となる。プログラムには新たな自動車メーカーも参加し、目標では2017年までに1000台、2019年末までに5000台、2020年までには1万台のインテリジェントコネクテッドビークルが試験に加わることになる。

路上試験で使用される車両と道路インフラ・ユニットはともに、802.11pワイヤレス通信プロトコルを採用するNXPの最新世代RoadLINKソリューションを利用。通信速度が遅く信頼性の低い携帯電話ネットワークに代わって、RoadLINKソリューションを利用することで、セーフティ・クリティカルなアプリケーション向けに高い性能を実現するほか、より高度なレベルのセキュリティとプライバシー保護機能を提供する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月11日(月)17時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]