ここから本文です

ポケモン最新作の偽アプリ出現

ITmedia エンタープライズ 7月11日(月)12時51分配信

 インテル セキュリティは7月11日、任天堂が6日から世界で順次配信を開始している人気ゲーム「ポケットモンスター」(ポケモン)の最新作「Pokemon GO」になりすました不正アプリを確認したとして、ユーザーに注意を呼び掛けた。

【その他の画像】

 同社によると、不正アプリは正規アプリに似せたタイトルが付けられ、サードパーティーが運営するAndroidアプリの配布サイトで公開された。不正アプリには、「DroidJack」(別名SandroRAT)という遠隔操作ツールが埋め込まれている。

 攻撃者はこれを悪用してSMSのメッセージや通話履歴、電話帳、ブラウザの閲覧履歴、位置情報、インストールアプリの一覧などの情報を盗むほか、カメラの撮影や録画、通話の録音、SMS送信といった任意のコマンドをリモートから実行できるといい、解析から不正アプリがトルコにあるサーバと通信し、アプリの起動情報が定期的に通知されることも分かった。

 Android 6.0以降ではアプリ実行時に、アプリが要求する権限がユーザーに表示されるが、5.1までのバージョンではインストール時にのみ表示される。このマルウェアではSMSメッセージの送信や閲覧など、ゲームとは関係のないアクセス権限が要求され、ユーザーがゲームをするために権限を許可してしまうと、攻撃者による不正行為の被害に遭う恐れがある。

 人気アプリに便乗してユーザーをマルウェアに感染させる方法は、もはや常とう手段にもなっている。インテル セキュリティは、「公式マーケットであっても安全と言い切れないが、非公式サイトに比べればマルウェア感染リスクは非常に低い。仮に評判の良い非公式サイトでも、自身の地域で公式アプリが利用できるようになるまで待つべき」とアドバイスしている。

 Pokemon GOの公式アプリは先に一部の英語圏向けに公開され、日本などでも近く利用できるようになる見通し。

最終更新:7月11日(月)12時51分

ITmedia エンタープライズ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]