ここから本文です

個人間カーシェアのエニカ、テスラ モデルS 試乗会を開催…自動運転体験も

レスポンス 7月11日(月)21時0分配信

DeNAが提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は、青山通りにあるテスラ青山ストアにて7月8日、Anyca特別パーティー「テスラ モデルS 特別試乗会」を開催した。

[関連写真]

エニカはこれまでにも「Anyca“乗ってみたい”キャンペーン!」として、EVスポーツカー『トミーカイラZZ』や、デロリアン『DMC-12』、新旧ポルシェ『911』など、なかなか乗ることができないエポックメイキングな車両による試乗会を催してきた。今回は同キャンペーンの第7弾。

今回のイベントは、抽選で選ばれた50名のエニカユーザーがテスラ『モデルS』の自動運転機能を体感できる同乗試乗会として開催。自動運転機能を体験したエニカユーザー達は、テスラの先進技術に感銘を受けていた様子だった。

この日は、試乗会以外にもテスラのスタッフによるモデルSのプロダクトガイダンスのほか、モデルSの一日試乗権やテスラグッズが当たる抽選会などが行われ、会場は大いに盛り上がっていた。

エニカは、個人間でクルマをシェアする新しいカーシェアリングサービス。スーパーカーからファミリーカーまで、全国で様々なクルマをシェアできるのが大きな特徴だ。今回イベントに登場したテスラモデルSと同型の車両も2台登録されており(東京と大阪に1台ずつ)、今回抽選に漏れてしまった人でも、会員登録してリクエストをすればモデルSの走りを体験することが可能だ。

《レスポンス 吉田 凌》

最終更新:7月11日(月)21時0分

レスポンス