ここから本文です

イチロー、「表明することじゃない」 前半戦“チーム2冠”も多くを語らず

デイリースポーツ 7月11日(月)15時38分配信

 「マーリンズ7-4レッズ」(10日、マイアミ)

 マーリンズのイチロー外野手(42)はレッズ戦の七回に代打で出場し、死球だった。守備には就かず、打率は・335。メジャー通算安打数は2990本と変わらず、史上30人目の偉業まで10本として前半戦を終えた。

 この日で前半戦が終了。昨季同様、“第4外野手”の役割ながらチーム最高の打率・335、出塁率・412を残しているイチローは、試合後、自身の前半戦については「(出場)機会が少なすぎて、そんなの表明することじゃない」と話すにとどまった。

 昨季の前半戦終了時と比較して打席数は「16」少ないが、打率は・253から82ポイント上昇。しかし、7月に入って出場機会が減少し、規定打席に85打席足りていない状況とあってか、多くを語ることはなかった。

最終更新:7月11日(月)19時20分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。