ここから本文です

flumpool、4年連続4回目の台湾ワンマンで初のトリプルアンコール

音楽ナタリー 7月11日(月)16時36分配信

flumpoolが7月9日に、台湾・台北国際会議中心にてワンマンライブ「flumpool tour 2016 『WHAT ABOUT EGGS?』 ~Taiwan Special~」を開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このライブは日本国内で22公演にわたって行われたツアー「flumpool 7th tour 2016『WHAT ABOUT EGGS?』」の特別編として開催されたもの。バンドにとっては4年連続、4回目の台湾単独公演となった。

今回の公演は1曲目の「解放区」を皮切りに、最新アルバム「EGG」収録曲を多数披露するセットリストが展開された。過去の台湾公演では代表曲を中心にしてきた彼らだが、最新アルバムの楽曲をメインに据えるセットリストを通じて、バンドの新たな一面を提示するステージとなった。

山村隆太(Vo, G)はMC全編を中国語で行い、現地のファンを喜ばせる。公演前日の8日に台湾に上陸した台風1号の影響を心配し、「みんな台風は大丈夫だった?」と山村が気遣う一幕も。また、恒例となった山村と阪井一生(G)の台湾でのヒット曲の中国語カバー対決も披露され、会場を大いに盛り上げた。

さらに「強く儚く」や「証」の中国語バージョン、flumpoolと親交の深いMaydayのヒット曲「OAOA」のカバーなども披露。観客の興奮はダブルアンコールを終えても冷めやらず、バンド史上初のトリプルアンコールまで行われる熱狂ぶりとなった。なお、flumpoolは7月23日にシンガポールでもワンマンライブを行う。

flumpool tour 2016「WHAT ABOUT EGGS?」~Taiwan Special~ 2016年7月9日 台北国際会議中心 セットリスト
01. 解放区02. 覚醒アイデンティティ03. 夏よ止めないで~You're Romantic~04. DILEMMA05. Dear my friend06. 輪廻07. 絶体絶命!!!08. 孤獨09. 今日の誓い10. 産声11. 明日キミが泣かないように12. 夜は眠れるかい?13. Blue Apple & Red Banana14. reboot~あきらめない詩~15. OAOA16. Touch17. World Beats<アンコール>18. 証明19. 大切なものは君以外に見当たらなくて20. 星に願いを21. labo

最終更新:7月11日(月)16時36分

音楽ナタリー