ここから本文です

ピエール瀧 豪華出演陣の中で異色の存在感示した

デイリースポーツ 7月11日(月)18時0分配信

 テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバーで、最近は俳優としての活躍が目立つ、ピエール瀧が11日、渡辺謙、松山ケンイチ、女優の宮崎あおい、広瀬すずらと、都内で映画「怒り」(9月17日公開予定)の完成報告会見に出席。共演陣からは瀧が異色の存在感を醸し出していたことを明かされた。

 映画は東京編、沖縄編、千葉編と分かれて構成されており、出演者には「他のパートで印象に残ったシーンは?」の質問が向けられた。

 そこで松山が「名前は伏せるが、刑事の上司と部下がいて、部下が弁当を食べている隣で上司が靴下を脱ぎ、おかげで部下が弁当を食えなくなるシーンがムカムカして印象に残った。その上司の役者さんにMVPを贈りたい」とベテラン刑事を演じた瀧のことを示唆。他の共演陣も納得顔でうなずいた。

 自分のことをほめられた?瀧は、壇上からにやけ笑顔で反応。また、李相日監督の下で初出演となった撮影を振り返り、「うわさ通りすごい監督だった。そうそうたるキャストの中、僕の役を編み上げてくれたことに感謝します。楽しい経験だった。ただ、他に人にはないギャグのシーンが、なぜか僕のところにあった」と、感想を表した。

最終更新:7月11日(月)18時13分

デイリースポーツ