ここから本文です

Windows 10の1周年記念アップデートは間もなく完成

ITmedia PC USER 7月11日(月)15時18分配信

 米Microsoftは7月9日(米国時間)、Windows Insider ProgramのFast Ring参加者向けに、Windows 10開発プレビュー版「Windows 10 Insider Preview」の「Build 14385」を公開した。数百のバグを修正したという。

【画像】あの手この手でWindows 10無料アップグレード終了間近を知らせてくる

 公式ブログ(Windows Experience Blog)でドナ・サルカール氏が報告しているように、Windows 10次期大型アップデート「Anniversary Update(開発コード名:Redstone 1)」は8月2日の一般公開に向けて、ほぼ完成に向かっている。

 7月29日にはWindows 7/8.1からWindows 10への無料アップグレード期限が終了するが、その直後に大型アップデートが無料で配信される。つまり、7月29日ギリギリでWindows 10に移行するユーザーは、直後にまた大型アップデートを適用するという流れになるわけだ。

 従来であれば、Build 14385は「RTM(Release To Manufacturing)」に近づいたビルドという言い方で紹介していただろう。RTMとは、WindowsプリインストールPCを製造するOEMメーカーやエンドユーザー向けに提供される「OSソフトウェアの完成版」に該当する。

 ただ、「Windows as a Service」のコンセプトを掲げて定期的に最新機能をユーザーに提供していくことを目標にしているWindows 10ではRTMというキーワードの使用を避けており、現在はマイルストーンに達したOSビルドを業界関係者が便宜上RTMと呼んでいるだけだ。

 Redstone 1がRTMに近づいているという兆候は既に出ており、Fast Ring向けに1つ前のタイミングでリリースされた「Build 14383」からは「ウオーターマーク」と呼ばれるデスクトップ画面右下の「評価コピー」とビルド番号の表記が消え、直近で配信されたBuild 14385でも同様にウオーターマークが表示されていない。

 米Windows Centralが7月7日(米国時間)に掲載した記事によれば、Build 14384からは既にRTMの最終候補版になっており、最終的なバグの修正と調整が行われた段階で該当するビルドをRTM相当として、7月11日週にもリリースする見込みだという。

 次の「Build 14386」がRTM相当になるというウワサもあったが、7月10日時点(日本時間)で、既にMicrosoft社内の開発者向けビルドとして「Build 14387」が提供されている。ビルド番号は通常営業日にほぼ1日1つずつのペースで進んでおり、少なくとも「Build 14390」に達しない週前半のタイミングにはRTM相当のビルドが提供されるのではないだろうか。

 ここでRTM相当となったOSビルドは、8月2日の段階で一般ユーザー(Current Branch:CB)に向けてAnniversary Update(1607)として順次配信が開始される。「1607」とはOSのバージョン番号で、2016年7月という配信年月を意味しているようだ(実際、2015年11月に配信された「November Update」のバージョン番号は「1511」)。

 「あれ? 配信開始は2016年8月じゃないの?」と疑問に思う方がいるかもしれないが、当初7月に予定していた配信が8月にずれたとみられる。そこは大人の事情だと思って、深く考えない方がいいだろう。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

最終更新:7月11日(月)15時18分

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]