ここから本文です

和泉元彌主演「さつまおごじょ」、マドリード国際映画祭で最優秀作品賞

ねとらぼ 7月11日(月)15時23分配信

 7月9日、狂言師の和泉元彌さん主演映画「さつまおごじょ」が、スペインのマドリード国際映画祭の外国映画短編部門で最優秀作品賞を受賞しました。

【映画祭に参加できなかった和泉さんは7月10日に自身のブログで報告】

 柿崎ゆうじ監督による同作は、実話を基にした短編映画。戦時中に鹿児島の知覧で「富屋食堂」を営み、出撃する特攻隊員を見送る「特高の母」鳥濱トメさん。戦後、元特攻隊員と再会した娘の礼子さんは、東京・高田馬場に薩摩料理の店「薩摩おごじょ」を開き、母の意思を紡ぐように、生還した特攻隊員の癒しの場を作り上げる、というストーリー。

 和泉さんが演じているのは、礼子さんの息子・赤羽潤さん。なお、潤さん本人は現在、店を引き継ぎ営んでいます。

 映画祭に出席できなかった和泉さんは柿崎監督から受賞の連絡を受けたことを、7月10日に自身のブログで報告。監督やスタッフ、共演者の作品への姿勢や、店に関わってきた人びとの生き様が世界に届いたのだと思うとし、「映画『さつまおごじょ』を多くの皆様にご覧いただけること心より願っております。そして、日本の長い歴史の中でも困難極まるその時代を守り抜き未来へと日本のバトンを繋がれた方々が紡がれた歴史が色褪せることなく後世に語り継がれることを…」とコメントしています。

最終更新:7月11日(月)15時23分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。