ここから本文です

平昌五輪競技場に警備ロボット配置へ 支援団発足=韓国

聯合ニュース 7月11日(月)18時16分配信

【ソウル聯合ニュース】2018年2月に開催される平昌冬季五輪の競技場などに警備ロボットが配置される。

 韓国の産業通商資源部は11日、平昌冬季五輪ロボット支援団の総監督を韓国科学技術院(KAIST)の呉俊鎬(オ・ジュンホ)教授に委嘱し、同支援団を発足させたと発表した。

 支援団は、ロボット活用策を模索し、五輪の成功を支援する。韓国ロボット産業振興院(大邱市)に事務局が設置される。来月中旬までにロボット活用策の総合計画を立て、本格的な活動に入る。

 人質救出作戦のような対テロ戦や近接戦闘で銃を発射し標的を狙撃する「キラーロボット」、人工知能(AI)を搭載した「無人ロボット」などを開発し、五輪の競技場や選手団の宿所などに配置する案や予算、準備期間などを考慮した小型監視ロボットを配置する案などさまざまな案を検討中だ。

 呉教授は「多様な可能性を念頭に置き、対テロ用ロボットを配置するか、小型ロボットを配置するかを検討する。予算問題などを考慮しつつ、韓国のロボット産業の技術力を披露できる最善の案を選択する」と述べた。

 平昌冬季五輪では警備ロボットのほか、広報・案内サービスを提供するロボットも競技場やプレスセンターに配置される。

最終更新:7月11日(月)18時37分

聯合ニュース