ここから本文です

イカルディ妻「クラブは彼を売りに出す」 インテル側は否定

デイリースポーツ 7月11日(月)18時33分配信

 日本代表DF長友佑都の所属するイタリア1部リーグ(セリエA)、インテル・ミラノのFWマウロ・イカルディの妻で、代理人も務めているワンダ・ナラ夫人が「クラブは彼を売りに出そうとしている」とツイッターで“口撃”した。11日のイタリア主要スポーツ紙が報じた。

 報道によるとワンダ・ナラ夫人は「マウロ(イカルディ)も私もそうならないよう願っているけれど、クラブには彼を売る必要がある…4000万、5000万か7000万ユーロ(約45億円から79億円)の条件を持ち掛けられ、思案中」とつぶやいたという。

 一方、インテル側はイカルディは譲渡しない選手としている。

最終更新:7月11日(月)18時33分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合