ここから本文です

北朝鮮 米国に接触ルート遮断を通知=制裁に反発か

聯合ニュース 7月11日(月)19時16分配信

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が米国政府に対し、北朝鮮の国連代表部を窓口に実務レベルのやりとりをする「ニューヨーク・チャンネル」を完全に遮断すると通知した。

 朝鮮中央通信は11日、「われわれの制裁措置撤回の要求を(米国が)受け入れない限り、それに対応した行動措置を段階別にとる」とした上で、最初の段階として、米朝間の唯一の接触ルートであるニューヨーク・チャンネルの完全遮断を通知したと報じた。10日に米政府に通知文を伝達したという。

 北朝鮮の今回の措置は、米政府が人権侵害の責任があるとして、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を制裁対象に指定したことへの反発とみられる。

 米政府が金委員長を制裁対象に加えたことを受け、北朝鮮外務省は8日、声明を発表し「これから米国との関係で提起される全ての問題はわが共和国の戦時法に基づき処理される。米国がわれわれの要求を拒否する場合、朝米(米朝)間の全ての外交的接触空間とルートは直ちに遮断される」と反発していた。

最終更新:7月11日(月)20時17分

聯合ニュース