ここから本文です

【函館記念】ネオリアリズム「乗り込み量も十分なので好レースを期待」

東スポWeb 7月11日(月)21時19分配信

【函館記念(日曜=17日、函館芝2000メートル)注目馬最新情報:函館】ネオリアリズムは10日にウッドで単走。5ハロン71・8―40・8―13・0秒と全体時計は平凡も、馬体に太め感なし。落ち着きがあって好気配。

 斉藤助手「函館までの輸送で馬体は減ったけど、順調に回復。前走(小倉大賞典=3着)は冬場で太めも残っていたし、歩様や脚さばきももうひとつ。それでも改めて力は示したと思う。今回は乗り込み量も十分なので好レースを期待したいですね」

最終更新:7月11日(月)22時8分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]