ここから本文です

蘭華、“かわいらしさと妖艶さ”表現したメジャー1stアルバム発表

音楽ナタリー 7月11日(月)19時10分配信

シンガーソングライター・蘭華のメジャー1stアルバム「東京恋文」が、9月21日にポニーキャニオンよりリリースされる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

今作では収録曲すべてを蘭華自身が作詞作曲しており、収録曲の編曲は安田信二と綾部健三郎が手がけた。蘭華はアルバムについて「ひとりの少女が東京で色々な経験をして成長してゆく過程を、恋愛、人生、命、望郷といったテーマに織り込んでみました。少女と大人の女性のように、可愛らしさと妖艶さの二面性をアルバムの中で表現できたらいいなと思い創りました」とコメントしている。

また今作ではプロデューサーを柿崎譲志が、エンジニアを青野光政を担当。このほかシンセサイザープログラマーの松武秀樹、篳篥(ひちりき)奏者の稲葉明徳、二胡奏者のジャー・パンファン、ケーナやシークの第1人者として知られる菱本幸二といった面々が制作に携わっている。

蘭華「東京恋文」収録曲
01. 揺れる月[作詞作曲:蘭華 / 編曲:安田信二]02. あなた恋し~故郷の春~[作詞作曲:蘭華 / 編曲:安田信二]03. 東京恋文[作詞作曲:蘭華 / 編曲:安田信二]04. 花籠に月を入れて[作詞作曲:蘭華 / 編曲:安田信二]05. 美しき人生[作詞作曲:蘭華 / 編曲:安田信二]06. ねがいうた(アルバムバージョン)[作詞作曲:蘭華 / 編曲:綾部健三郎]07. 愛が終わるまで[作詞作曲:蘭華 / 編曲:安田信二]08. 楽園[作詞作曲:蘭華 / 編曲:安田信二]09. 花時[作詞作曲:蘭華 / 編曲:安田信二]10. ともしび[作詞作曲編曲:蘭華]

最終更新:7月11日(月)19時10分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。