ここから本文です

永六輔さん次女・永麻理アナが会見 最後の言葉はアイス食べ「おいしいね」

東スポWeb 7月11日(月)22時28分配信

 多方面で活躍したタレント・永六輔さん(享年83)が7日に死去したことを受けて、次女でフリーアナウンサーの永麻理(54)が11日、東京・赤坂のTBSで会見した。

 直接の死因は肺炎だが、担当医師は「老衰といっていい状況」とも話した。まさにその通りだったようで、麻理は「ふっと力が抜けるように、苦しむことなく『じゃあね』という感じで。本人も死んだことを気づいていないんじゃないかなぐらいに、自由な人だったから、自由に旅立った。照れ屋だから、私も姉も『えっ、今?』と夢でも見てるような感じで逝っちゃった。見事に生ききった。幸せな最期を家族と過ごせてよかった」と明かした。

 脊柱の損傷が生じ、神経を圧迫していることから、2月1日に問題の部位の上下の脊椎骨をブリッジで固定する手術を受け、4月中旬に退院。以降は自宅で、麻理や長女の千絵(57)が在宅看護を行っていたという。

 就寝中に永さんはラジオで話すようにしゃべっていることもあったといい「最期まで、寝てても仕事をずっとしてたから、きっと今も仕事をしているんじゃないかな」。

 7日は眠い感じで息は少しずつ弱くなっていたが、前日(6日)の晩まで会話をしたり食事もしていたという。最後に交わした言葉はアイスキャンデーを食べた時、笑いながら発した「おいしいね」だったという。

 家での父の素顔は「テレビで見るのとほぼ同じ」という。「永六輔として死んでいったのかな。とてもカッコいい父でしたね。おはしの持ち方ぐらいしか怒ることもなくて。ほんと照れ屋なので、言いたいことも手紙で書く。それを私たちの部屋の前に置いてって」と懐かしそうに語った。

 この日、永さんの生家でもある浅草・最尊寺で営まれた密葬にはフォーク歌手の小室等(72)、作詞家の北山修(70)らが参列。何度も病室を訪れ、長年親交のあったタレントの黒柳徹子(82)は前日(10日)に同寺を訪れ、永さんと1時間以上向き合って「永さん、死んじゃっているの? 死んじゃったかな」と話しかけ、麻理らと思い出話に花を咲かせたという。

 永さんが14年前に妻の昌子さんを亡くした際には、黒柳との再婚をほのめかしてネタにするほどの間柄。麻理も「2人は本当に仲良し。男女の友情って成り立つんだなと思った」と話した。

 妻を溺愛していたという永さんについて、麻理は「七夕の日に母に会いに行って、三途の川じゃなくて、天の川を渡っちゃった」と話し、「本当に生涯現役だった。今ごろ中村八大さんや坂本九さん、渥美清さん、母と会って、天国を飛び回っていると思う」と上を向いた。

最終更新:7月11日(月)22時51分

東スポWeb