ここから本文です

創志学園の1年生司令塔・藤原、完封リレー演出

デイリースポーツ 7月11日(月)19時12分配信

 「高校野球岡山大会・1回戦、創志学園8-0津山東」(11日、倉敷マスカットスタジアム)

 創志学園に1年生の“司令塔”が現れた。夏の初戦でスタメンマスクに抜てきされた藤原駿也捕手(1年)。新入生離れした強肩と視野の広いリードで、ドラフト候補の高田萌生投手(3年)を温存する中、完封リレーを演出した。

 「中学の時からこの夏はメンバーに入ると思ってやってきました」と藤原。立ち上がりから粘り強く低めの変化球を要求して相手打者をかく乱すると、六回まで津山東打線を無安打に封じた。4点リードの七回に初安打を許し、無死一、二塁のピンチを招いたが、落ち着き払ったリードは変わらず。先輩野手に的確な指示を飛ばし、直後には「ストッキングが落ちてきていたので」と、相手打者に指摘してあげる余裕すら見せた。

 最終打席で待望の初安打も放ち「うれしかったです」とはにかんだ藤原。6月末の練習試合では高田とバッテリーを組み、安定したコンビネーションを見せていた。「特に言われたことはないです」と現在はブルペンでの投球練習だけでなく、キャッチボールから付きっきりでエースの相手を務めている。

 強豪校で経験の浅い1年生が、いきなり夏初戦の先発マスクをかぶるのは異例。それだけの実力を持ち、期待をかける長沢監督は「(2年生捕手の)小林と見極めながら。小林の方が打力はいいので」と状況に応じて起用する方針だ。

 打席の穴をくまなく慣らすしぐさや、状況に応じた指示の飛ばし方は1年生とは思えない藤原。「この夏は岡山のチームで一番長く野球を続けて、甲子園に出たいです」と初々しく語った。

最終更新:7月11日(月)19時29分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報