ここから本文です

[芸能]JYJジュンス ミュージカル「ドリアン・グレイ」主演

聯合ニュース 7月11日(月)20時50分配信

【ソウル聯合ニュース】創作ミュージカル「ドリアン・グレイ」の主役を演じる韓国の人気グループ、JYJのジュンスは11日、ソウル市内のホテルで開かれた制作報告会に出席し、抱負を語った。

 同作はアイルランドの作家、オスカー・ワイルドの長編小説「ドリアン・グレイの肖像」を原作としている。

 貴族の青年、ドリアン・グレイは画家バジルの描いた美しい自身の肖像画を見て、永遠の若さと美しさを求めるようになり、ヘンリー・ウォットンの言葉に従って快楽の世界に身を委ねるが、結局は破滅していく。

 ジュンスは「映画になった『ドリアン・グレイの肖像』を何年か前に見て、強い印象を受けた。 これまでにない素材だがミュージカルにすればうまく合うと思った。その後、ミュージカルになると聞いて、ぜひ演じたいと思っていた」と話した。 

 美しく純粋な青年が堕落していく姿を演じることにジュンスは「世の中で最も美しい青年と設定されている役なのでプレッシャーを感じてもいる」と告白。その上で、「見た目でもそれなりに努力はしているが、私が美しくなくても、制作陣の方々がそのように見えるようにしてくれるだろう」と話して笑いを誘った。

 また「ドリアン・グレイが少しずつ変化する過程を原作とは違うようにせりふや歌で表現していかなければならない部分があるため、より多様な姿を伝えるために悩んでいる」と話した。 

 先ごろ4枚目のソロフルアルバムを発売したことを記念しアジアツアーを行っているジュンスは「ツアー公演は週末に入っているので、平日はミュージカルに集中する。出演者や周りの方に了解を得て問題なく併行している」と説明した。

 「ドリアン・グレイ」はソウル郊外の京畿道城南市の城南アートセンターで9月3日~10月29日に上演される。

最終更新:7月11日(月)20時54分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。