ここから本文です

大仁田が新団体「ファイヤープロレス」設立!8・26旗揚げ戦ではぐれIGF迎撃

デイリースポーツ 7月11日(月)19時20分配信

 プロレスラーの大仁田厚(58)が11日、都内で会見を行い、新団体「ファイヤープロレス」を設立し、8月26日に東京・ディファ有明で旗揚げ戦を行うことを発表した。

 「爆破エンターテイメント」と銘打つ同団体は、5種類以上の電流爆破デスマッチを実施する予定。大仁田がFMWと並んで主戦場としている超花火を主催するZERO1と同じく「地方創生」「イジメ撲滅」を掲げて地方を中心に開催する。

 還暦で引退を公言している大仁田は「残り少ないですから、プロレス人生の集大成、本当の自分の世界を作りたいと思った」と設立の意義を説明。FMWと超花火への参戦も継続する。旗揚げ戦では、はぐれ大仁田軍を結成し、はぐれIGF軍を迎撃。あえて爆破マッチは封印し、有刺鉄線デスマッチで争う。

 また、女子プロレスの責任者にディアナ女子の堀田祐美子が就任。大仁田は「もう長与(千種)選手、ダンプ(松本)選手、堀田選手、井上(京子)選手と4人も電流爆破の中に入っている。堀田さんには爆破女子を育成してほしい。ボクの務めはそれを伝授することですから、それに耐えられる体力と魅力を持った選手を作ってほしい」と期待をかけた。

最終更新:7月11日(月)19時33分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]