ここから本文です

「ジブリの立体建造物展」愛知へ巡回、サツキとメイの家、油屋などの模型も

映画ナタリー 7月11日(月)20時7分配信

スタジオジブリ制作のアニメーションに登場する建造物をフィーチャーした展示イベント「ジブリの立体建造物展」が、7月15日から9月25日まで愛知・豊田市美術館にて開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2014年から全国各地を巡回している本展では、1984年公開作「風の谷のナウシカ」から2014年公開作「思い出のマーニー」まで、作品に登場する建造物の背景画や美術ボード、美術設定といった制作資料約450点を紹介。さらに「となりのトトロ」のサツキとメイが暮らす草壁家や、「崖の上のポニョ」の主人公・宗介の家、「千と千尋の神隠し」の油屋といった建物の立体模型も設置されている。

前売り券は豊田市美術館およびチケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、セブン-イレブンなどで7月14日まで取り扱われる。なお本展と、愛・地球博記念公園に設置されている「サツキとメイの家」とのセット券もローソンチケットで販売中。こちらは日時指定の予約制入場券となるのでご注意を。

ジブリの立体建造物展
2016年7月15日(金)~9月25日(日)愛知県 豊田市美術館開館時間 10:00~17:30(最終入場17:00)※月曜休館。ただし7月18日(月・祝)、8月15日(月)、9月19日(月・祝)は開館前売り料金:一般 1200円 / 高校・大学生 800円当日料金:一般 1400円 / 高校・大学生 1000円※中学生以下無料※各種割引あり

最終更新:7月11日(月)20時7分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。