ここから本文です

10代で「映画離れ」は進んでいない

ITmedia ビジネスオンライン 7月11日(月)17時53分配信

 若者の間で「テレビ離れ」が進んでいると言われているが、映画を見ている人はどのくらいいるのだろうか。直近1年間(2015年5月~2016年5月)に映画館で映画を見た人(38.7%)を男女年代別にみると、「10代女性」が最も多く62.0%、次いで「10代男性」の55.7%であることが、NTTコム リサーチの調査で分かった。

【2015年映画興行収入ランキング】

 次に、10代の鑑賞本数(年間)をみると、男性では2013年の調査開始以降「1本のみ」が減少し、「2本以上」が増加傾向にある。今回は「2~4本」(55.6%)が増え、半数を超えた。女性も男性と同様に「1本のみ」が減少し、「2本以上」が増加。5割が「2~4本」(53.5%)、3割が「5~11本」(29.5%)映画を見ていることが分かった

●10代の男性は「邦画アニメ」、女性は「邦画実写」

 2015年にヒットした映画タイトルを振り返ると、「洋画」が6作品を占める結果に。興行収入は『ジュラシック・ワールド』(95.3億円)がトップ、次いで『ベイマックス』(91.8億円)、『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』(78億円)と続いた。ちなみに、一昨年(2014年)はトップ10の中で洋画は2作品のみ。

 直近1年以内の鑑賞率をみると、「邦画実写」(62.0%)が最も高く、次いで「洋画実写」(59.4%)。「邦画実写」と「洋画実写」の鑑賞率の差は約3ポイントで、その差は過去調査の中で最も小さい。一方「アニメ」では「邦画アニメ」が38.9%、「洋画アニメ」が25.8%だった。

 鑑賞率を男女年代別でみると、「洋画実写」は男女ともに若い人ほど低い傾向がみられた。10代の特徴として、男性は「邦画アニメ」(68.4%)、女性は「邦画実写」の(69.8%)が目立った。

 インターネットを使った調査で、10~70代の男女3207人が回答した。調査期間は6月9日から17日まで。

最終更新:7月11日(月)17時53分

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]