ここから本文です

安倍政権の政策遂行に全面協力と経団連会長

エコノミックニュース 7/11(月) 21:47配信

 与党を支持してきた日本経済団体連合会の榊原定征会長は11日、今回の参院選挙の結果について、「政権基盤の安定と政策の継続性が確保されたことを大いに歓迎する」とのコメントを発表するとともに「安倍政権の政策遂行に全面的に協力する」と政府への全面協力を表明。もともと経団連の政策プランの意向を実行してきた安倍政権だけに、さらにその傾向も強くなりそうだ。

 榊原会長はコメントで「自民党・公明党の与党が、安倍首相が目標に掲げた改選議席の過半数(61議席)を大きく上回る70議席を獲得したことは、安定した政治のもとで、道半ばであるアベノミクスを引き続き、より一層強力に推進して欲しいという、国民の支持と期待の表れと考える」とし「経済界としても安倍政権の内政・外交両面における取り組みを高く評価している」とした。

 そのうえで「わが国はデフレ脱却と経済再生を確実に実現し、GDP600兆円経済への確固たる道筋をつけるための正念場にある。一方で、足元の景気は踊り場にあり、国民の信任を得た安倍政権には個人消費や投資を喚起し、世界経済下振れリスクに対処するための包括的かつ大胆な経済対策を取りまとめ、実行に移すとともに、成長戦略の実行・実現、TPP協定の早期承認、社会保障給付の効率化・適正化、労働市場改革、抜本的な規制改革など重要政策の推進に全力で取り組んでほしい」と期待を寄せた。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:7/11(月) 21:47

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。