ここから本文です

石田純一、都知事選を断念 妻・東尾理子に「心配をかけた」

ねとらぼ 7月11日(月)19時19分配信

 東京都知事選の出馬を表明していたタレントの石田純一さんが7月11日18時から会見を開き、「都知事選への意欲を示していましたが、正式に断念します。いろいろお騒がせしました」と、立候補を取りやめることを発表しました。11日の正午ごろに決めたとのこと。

【東尾理子さんのブログ、今後この件に関した更新はあるか】

 石田さんは「自分なりに退路を絶って声明を出させていただいてきましたけれども、退路を断って引き下がるというのは矛盾するところではありますが、自分の事情もあり、メディア的なタイムリミットもあった」と説明。参議院選挙についても触れ、「ほんの小さな風かも分かりませんが、風を巻き起こせたかどうか、意識してやったわけではありませんが、時期が隣接していたものですから、皆さまには大変ご迷惑をおかけしました」とコメントしました。

 また、出馬を反対していた妻の東尾理子さんについては「完全には説得できませんでした」とのこと。一方で「妻はもしなにがあっても出馬するとなった場合には、支えていこうというようなことは考えていたようです」とも語りました。夜に自宅のチャイムが鳴ったり、家の前に記者が押し掛けることもあったそうで、「寝不足にさせてしまった。子どもに影響が出ないように気遣わせて、心配をかけた」と申し訳なさそうに述べました。

最終更新:7月11日(月)19時19分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。