ここから本文です

マイクロソフト、基幹業務向けの新クラウドサービス「Microsoft Dynamics 365」を発表

@IT 7月11日(月)19時26分配信

 米マイクロソフトは2016年7月6日(米国時間)、新しいクラウドサービス「Microsoft Dynamics 365(以下、Dynamics 365)」を発表した。2016年秋のサービス開始を予定する。

 Dynamics 365は、マイクロソフトが展開する現行のCRM(Customer Relationship Management:顧客管理)である「Microsoft Dynamics CRM」及びERP(Enterprise Resource Planning:受注・販売管理システム)である「Microsoft Dynamics AX」を1つのクラウドサービスに統合したもの。

 Dynamics 365のアプリケーションには、同社のデータ分析/可視化ツール「Power BI」や人工知能アシスタント「Cortana」を用いた分析ツール「Cortana Intelligence」などが初期設定で組み込まれる他、自社に必要なツールを選んで構成できるため、コストを抑えたスモールスタートも可能だという。具体的には、財務/フィールドサービス/営業/マーケティング/プロジェクトサービス自動化/顧客サービスなどの業務を支援するツールが用意されている。

 これらのアプリケーションは、同社のサービス「Office 365」と共通のデータモデルを採用しており、アプリケーション間のデータ管理や統合を容易にするという。この他、パートナー企業のアプリケーションやサービスと統合するためのコネクターも需要に応じて用意し、拡充していく計画だとしている。

●ビジネスアプリのライブラリサイト「Microsoft AppSource」も開始

 さらにマイクロソフトは、同社やパートナー企業が提供するビジネス向けSaaS(Software as a Service)型アプリケーションを検索できる、ビジネスアプリ配信サイト「Microsoft AppSource(以下、AppSource)」を開始した。

 AppSourceには2016年7月現在、200種類以上のビジネスアプリ、アドイン、コンテンツパックが既に登録されている。消費財企業向けの包括的ソリューション、政府機関向けのインシデント対応自動化サービス、金融機関向けの生涯価値最大化ツールなど、AppSourceでのみ入手できる特定業種向けのアプリケーションが含まれることも強みだという。

最終更新:7月11日(月)19時26分

@IT