ここから本文です

アライブ10周年で「タブー・タトゥー」など電子版が300冊以上半額に

コミックナタリー 7月11日(月)21時9分配信

月刊コミックアライブ(KADOKAWA)の創刊10周年を記念して、電子版の単行本300冊以上が50%オフとなるフェアが、7月21日まで各電子書籍ストアにて実施されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

対象となるのは真じろう「タブー・タトゥー」、あっと「のんのんびより」、長月達平原作によるマツセダイチ「Re:ゼロから始める異世界生活」シリーズ、遠藤海成「まりあ†ほりっく」、平坂読原作によるいたち「僕は友達が少ない」など同誌の10年を彩ってきた名作たち。メディアミックス作品が多い雑誌だけに、「タイトルは知っていたが読んだことはない」という作品もい多いはず。このフェアを機会に読んでみては。

コミックアライブ10周年フェア
期間:2016年7月8日(金)~7月21日(木)実施予定電子書店:BOOK☆WALKER、アニメイトブックストア。Amazon Kindleストア、eBookJapan、紀伊國屋書店Kinoppy、コミックシーモア、ニコニコ静画、DMM 電子書籍、dブック、ブックパス、BookLive!、honto、Yahoo!ブックストア、ヨドバシ・ドット・コム電子書籍ストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Reader Store

最終更新:7月11日(月)21時9分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。