ここから本文です

岡田武史副会長、欧州選手権制したポルトガル監督「冷静で激高しない」

デイリースポーツ 7月11日(月)22時41分配信

 日本サッカー協会の岡田武史副会長が11日、都内で、欧州選手権で初優勝したポルトガルのサントス監督と旧知の間柄だったことを明かした。

 14年に仕事で訪れたリスボンで、当時ギリシャ代表を率いていた同監督と知人を介して3人で食事をしたといい「冷静で激高しない、静かな人だった」と印象を語った。

 ポルトガルは10日(日本時間11日)、フランスで行われた欧州選手権決勝で開催国フランスを1-0で下して初優勝した。

最終更新:7月11日(月)22時52分

デイリースポーツ