ここから本文です

「嫌いな芸能人を暴露」企画第2弾に野呂佳代、アルコ平子が参戦

オリコン 7月11日(月)8時0分配信

 タレントの野呂佳代とお笑いコンビ・アルコ&ピースの平子祐希が、11日放送のテレビ朝日系『EXD44』(毎週月曜 深0:15※一部地域を除く)に出演。2人の出演者が大嫌いな芸能人を当てるクイズショー「あいつだけは絶対に許さない」で対決する。

お互い向き合って心理戦を繰り広げる野呂と平子

 6月13日放送、タレントの藤崎奈々子と、お笑いコンビ・とろサーモンの久保田和靖が対戦し、世間をざわつかせた企画の第2弾。お互いに「あいつだけは絶対に許さない…」という“大嫌い候補者3人”を提示。しかし、その中の2人は“大好き”な人で、“大嫌い”な人は1人だけ。各々が挙げた“大嫌い候補者”について、交互に質問を浴びせながら、相手の表情や言葉から真意を読み取り、本当に大嫌いな人が誰なのかを当てる。

 野呂は「寺門ジモン、ヒャダイン、モト冬樹」、平子は「永野、ちゅうえい(流れ星)、エハラマサヒロ」を候補者に挙げ、仁義なき戦いに挑む。遠慮がちに候補者に関して物申す野呂に対し、候補者を容赦なくディスっていく平子。

 最後には、お互いがなぜ大嫌いなのかを暴露。野呂が嫌悪感もあらわに「大嫌いです。会っても無視するし、テレビに出てたら消す」と言えば、平子も「一生許さないですよ!」と声を荒げる。一体どの発言がシャレにならない本音なのか。

最終更新:7月13日(水)10時17分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。