ここから本文です

【上半期TV出演本数】国分太一、年間V3へ向けトップターン 帯番組司会が上位独占

オリコン 7月12日(火)10時30分配信

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは12日、『2016上半期テレビ番組出演(延べ)本数ランキング』を発表し、TOKIOの国分太一が366本の出演で1位となった。2年連続で年間1位の国分が、V3へ向けてトップで折り返した。2位はバナナマン・設楽統【331本】、3位は坂上忍【270本】が続き、帯番組司会者が上位を独占している。

【一覧表】テレビ番組出演本数ランキングTOP20 男女別も

 国分(TBS系『白熱ライブ ビビット』)、設楽(フジテレビ系『ノンストップ!』)、坂上(フジテレビ系『バイキング』)のTOP3の他にも、5位が加藤浩次【242本】、6位がハリセンボン・近藤春菜【237本】(ともに日本テレビ系『スッキリ!!』)、7位が羽鳥慎一【234本】(テレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』)と、トップ10中6人が帯番組司会者となった。近藤は「女性タレント部門」の1位にも輝いている。

 2012、13年の年間王者で、14、15年も国分に次いで年間2位とランキング上位常連となった設楽。『ノンストップ!』での司会も5年目に入り、すっかりソロで活躍する姿も見慣れてきたが、出演331番組中、ソロ出演は152本と半分以下。179本は相方の日村勇紀とともに出演しており、ソロでもコンビでも仕事が充実していることが伺える。

 そのほか、帯番組司会陣に割って入ったのが、4位のハライチ・澤部佑【254本】、8位の小島瑠璃子【233本】、9位のアンジャッシュ・渡部建【225本】らMCもこなせるバラエティーの人気タレントたち。個性豊かなキャラクターを生かし、ある番組では進行を務め、別の番組ではグルメレポートに出向き、さらにはひな壇で番組を盛り上げるなど、子供向け番組から深夜番組まで幅広く出演している。

■2016上半期テレビ番組出演本数ランキング
1位 366本 国分太一(TOKIO)
2位 331本 設楽統(バナナマン)
3位 270本 坂上忍
4位 254本 澤部佑(ハライチ)
5位 242本 加藤浩次
6位 237本 近藤春菜(ハリセンボン)
7位 234本 羽鳥慎一
8位 233本 小島瑠璃子
9位 225本 渡部建(アンジャッシュ)
10位 221本 上田晋也(くりぃむしちゅー)
11位 220本 大久保佳代子(オアシズ)
12位 219本 林修
13位 217本 矢作兼(おぎやはぎ)
14位 215本 有吉弘行
15位 213本 春日俊彰(オードリー)
16位 212本 日村勇紀(バナナマン)
17位 210本 千原ジュニア(千原兄弟)
18位 209本 博多大吉(博多華丸・大吉)
19位 208本 友近
20位 205本 高橋茂雄(サバンナ)

調査項目:タレント番組出演本数(出演番組の放送回数分をカウント)
調査期間:2016年1月1日~6月30日
調査対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)
・グループ出演と個人出演の合算にて集計
・アナウンサーは対象外とする
・通販番組出演者は対象外とする
・再放送番組は対象外とする
・ナレーション出演は対象外とする

最終更新:7月20日(水)11時9分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。