ここから本文です

『ハリポタ』新シリーズ 原作者が明かす物語の“始まり”

オリコン 7月12日(火)7時0分配信

 大ヒット映画を記録した「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日公開)最新映像が12日、初公開された。原作者のJ.Kローリング氏が、一部未公開のシーンを含むスペシャル映像にあわせて同作について語っており、まだ明かされていなかった物語の“始まり”についても解説をしている。

【動画】魔法動物も登場 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』最新映像

 新たな主人公は、世界中を旅するスゴ腕の魔法使いニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)。ハリーたちと同じ魔法学校で学び、誰よりも優秀だが、おっちょこちょいなところもある魔法“動物”使いだ。世界中の“魔法動物=ビースト”を調査するため、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。

 世界中を旅しては魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込んでいるが、旅の途中でニューヨークへ立ち寄ったとき、ひょんなことから普通の人間のトランクと入れ替わってしまう。魔法動物たちは逃げ出してしまい、ニューヨーク中を巻き込む大騒動が起こる。

 今回解禁された映像では、ローリング氏が「私の物語の主人公はみんな孤独感や、疎外感を抱いている。それが私の物語の中心にあるの。この映画でもそうよ」と語り、さらに「なぜ主人公ニュートの魔法のトランクが開けられ、魔法動物=ビーストたちが逃げ出してしまったのか」という、新たな物語の始まりについても言及している。

 約2分10秒の映像の中には、今回初登場となった植物のような形をした謎の魔法動物ボウトラックルに話しかけるニュートの姿や、ニュートを追う米国魔法省トップクラスの魔法使いとの、ハイレベルな魔法が次々と放たれるシーンが満載。駆け出しの魔法使いから始まった『ハリー・ポッター』では、なかなか見ることのできない熟達した魔法の数々に、ますます物語の全貌に期待せずにはいられない。

最終更新:7月12日(火)7時0分

オリコン