ここから本文です

【GOLF】B.ラングがメジャー初優勝! A.ノルドクビストは2打罰受けPOで敗れる

ISM 7月11日(月)9時57分配信

 米女子ツアーの今季メジャー第3戦、全米女子オープンが現地時間10日、カリフォルニア州のコードベールGCを舞台に最終ラウンドの競技を終了。ブリタニー・ラング(米)が通算6アンダーに並んだアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)とのプレーオフを制してメジャー初優勝を飾った。

 4位タイから出たラングは、5番のバーディで通算6アンダーとしたものの、8番ボギーでイーブンパーに戻すと、バックナインは1アンダーでプレー。4バーディ、3ボギーの「71」で、この日「67」をマークしたノルドクビストとのプレーオフに突入。16番から3ホールのストロークプレー形式での延長戦は、1ホール目両者パーのあと、17番1打目をバンカーに入れたノルドクビストが、アイアンのヘッドを地面にソールをして2打罰を科せられダブルボギー、18番ではボギーを叩いて万事休す。3ホールをイーブンとしたラングが初のビッグタイトルを手にした。

 一方、メジャー3勝目を狙ったリディア・コ(ニュージーランド)は前半の8番からボギー、ダブルボギーと崩れて首位から後退すると、12番、14番でもさらにボギーを叩く。その後の15番で1つ戻したが、トータル3オーバー75で2打及ばず、大会史上最年少Vには届かなかった。コと並ぶ3位タイにはエイミー・ヤン、池恩熹、パク・スンヒョン(ともに韓)。首位と1打差の2位タイからスタートしたスンヒョンは2バーディ、4オーバーの2オーバー74でスコアを落として4日間を終えた。

 ツアー通算10勝を誇るステイシー・ルイス(米)は通算3アンダーの単独7位。1オーバー73で回った野村敏京は通算1アンダー11位タイでリュウ・ソヨン、イ・ミリム(ともに韓)ら5人と並んでいる。ロレックスランキング(世界ランク)4位のレクシー・トンプソン(米)は2バーディ、3ボギーの1オーバー73で回り、通算3オーバー32位タイ、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)は通算11オーバー64位タイとなっている。

最終更新:7月11日(月)9時58分

ISM