ここから本文です

【GOLF】A.ノレンが逃げ切り5勝目! T.ハットン、M.マナセロらは全英の切符獲得

ISM 7月11日(月)12時56分配信

 欧州ツアーのアバディーン・アセット・マネジメント・スコティッシュ・オープンが現地時間10日、スコットランドのキャッスル・スチュアートGLを舞台に最終ラウンドを終了。アレックス・ノレン(スウェーデン)が通算14アンダーに伸ばして逃げ切り、ツアー通算5勝目をマークした。

 2打差の首位から出たノレンは3バーディ、1ボギーの2アンダー70でラウンド。瞬間的には追いつかれることはあったものの、一度もリードを明け渡すことなくフィニッシュした。「とてもタフな争いだったので、優勝できて嬉しい。11、12、13アンダーに多くの選手がひしめいていたので、決して楽な勝利ではなかった」と語った。

 1打差の2位は3バーディ、ノーボギーで回ったティレル・ハットン(英)。さらに1打差の通算12アンダーの3位タイにはマッテオ・マナセロ(伊)、ダニー・リー(ニュージーランド)、ニコラス・コルサーツ(ベルギー)が並んだ。ハットンとマナセロ、コルサーツは次週の全英オープンへの出場権を獲得した。

 序盤に4連続バーディを決め、6位タイに入った地元スコットランドのリッチー・ラムゼイも全英への切符を手にした。通算11アンダーにはアンディ・サリバン(英)もつけている。

 パトリック・リード(米)、グラエム・マクドウェル(北アイルランド)らは通算9アンダーの10位タイ。フィル・ミケルソン(米)は「66」の好ラウンドで終え、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、マーティン・カイマー(独)と通算7アンダーで並び、13位タイで4日間を終えている。

最終更新:7月11日(月)12時56分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]